【ミニマリスト的】2018年、買ってよかったもの3選

ミニマリスト的買って良かったもの2018

こんにちは、SAKIです。
今年は増えたものよりも減ったものが圧倒的に多い年でした。去年の今頃と比べると、部屋はだいぶスッキリして、気持ちよく過ごせた気がします。

そんなミニマルな生活を目指している私ですが、必要なものやどうしても欲しいものは買っていました。もちろん、その数は人並みよりも少ないほうだとは思いますが、その中から、私が買って良かったと思うものを3点ご紹介したいと思います。

1. ビルケンシュトック アリゾナ/EVA〜玄関にはこれだけ!

まず一つめは、ビルケンシュトックのEVA素材のサンダルです。

ビルケンシュトック アリゾナ EVA

ご存知の方も多いと思いますが、ビルケンシュトック(Birkenstock)はドイツの有名な靴のブランドで、日本では特にサンダル(Arizona)やクロッグ(Boston)などが人気。

なにが人気の秘密かというと、足のアーチを考慮した形状のフットベッドを使用し、足にフィットするように作られているのがビルケンの特徴なのです。主にサンダルの場合は、履いているうちに使用者の足形になじむようになっています。

SAKI
見た目はちょっと健康サンダルっぽいですが、おしゃれアイテムのひとつなんですよ〜

購入の理由は、近所の買い物など、普段使いに気軽に履きたかったから。玄関には靴は出しておかないようにしていますが、唯一このサンダルだけ出してあります。宅配便を受け取る時や、ゴミ出しに行く時など、さっと履けるので便利です。なかった時と比べると、ストレスが結構減りました。

また、EVA素材を選んだのは、水がかかっても平気だということ。ベランダ掃除で使用できたり、気軽に洗って乾かせるというのがポイントでした。アリゾナEVAはスリッパの代わりに部屋履きとして使っている人もいるそうですよ。

そして肝心の履き心地ですが、最初は自分の足に合わせて調整したストラップ(※)と、包み込むようなかかと部分の小さなせり上がりで、スッと足をいれて「つっかける」のが難しかったのですが、今ではさっと履くコツを掴みました。

※ビルケンの性能を十分に発揮させるためには、自分の足にしっかり固定するようにストラップを調整しておくのが重要です。

また、最初はそうでもなかったんですが、履いているうちに足の裏にサンダルが吸い付いてくるようになり、噂は本当だったと実感しました。
買って良かったです。

2. Apple iPad 9.7インチ〜これ一台で何役もこなす!

2〜3年ほど「iPad mini」を使っていたのですが、思うところあってより大きな画面の「iPad」(9.7インチ)に買い換えました。

iPad

iPadは主に電子書籍を読んだり、お風呂に入りながら動画を見たり、旅先でガイドブックとして使ったりと、日常的によく利用しています。

iPad miniだと軽くて小さいので持ち運びには便利なのですが、画面サイズがもともと小さいので、電子版の雑誌や画像の多い書籍などは、いちいち指で拡大しながら見ないと文字が判読できなくて、デメリットもそれなりに感じていたんです。

私の場合、本や雑誌はすべてデジタル版ということもあって、そうした部分のストレスはカットしようと思い、買い替えを決めました。

結果、すごく大満足しています。画面サイズが大きくなったことで、書籍の読みやすさや動画の見やすさが思った以上に向上しました。もっと大きいサイズならさらに見やすいのでしょうが、バッグに入れて持ち運ぶという点において、私には9.7インチがギリギリのライン。

SAKI
目にも優しくなった!

そして、iPadに変えてからは、使い途がさらに増えました。お絵描きソフトをインストールしてイラストを描いてみたり、アクション型のゲームを楽しんだり、ノートがわりに使ったり、アプリ次第で何にでも変身してくれます。この小さな板だけで、何役もこなしてくれるのは、ミニマリストにとっては嬉しいポイント。

買い換えて本当に良かったです。

3. Panasonic ヘアドライヤー イオニティ〜家電の進化を実感!

今年、ヘアドライヤーを新しく買い換えました。購入したのは「パナソニック ヘアドライヤー イオニティ EH-NE28-P」。コンパクトでボディカラーも可愛いです。

ドライヤー イオニティ

それまでも、同じパナソニック製の軽量・コンパクトなヘアドライヤーを5〜6年間、愛用してきたのですが、いつからか、コンセント部分と電源コードが今までになく熱を持つようになり、さすがに危険を感じて使うのをやめました。

電源コード内部が劣化して断線などが起きると、こうした異状が出るとのこと。ドライヤーの寿命は長くても3〜4年ほどらしいので、寿命が来たとあきらめて、新調することにしました。

新しく購入するドライヤーの条件としては、まず軽量でコンパクトなこと。そして髪に優しいことも考慮して決めました。

以前使っていたドライヤーも実はイオニティのシリーズで髪に優しい機種だったんですが、新調したドライヤーは、5〜6年前の商品と比べると、さらに進化していたのには感動しました。

まず、乾きが早くなり、時間短縮!おそらく風量が強くなったのだと思いますが、音はそれほど変わらず、うるさくなったということはありません。また、乾かした後の髪にしっとり感が増したのも嬉しかったです。

SAKI
家電は進化しているんだなぁ…

女性として髪はいつまでも大事にしたいので、新しく買い換えるチャンスができてよかったなと満足しています。

まとめ 〜買い物はミニマリストには大きな決断

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今回ご紹介した商品はどれも購入して良かったと満足しているものたちでしたが、ミニマリストを目指してからは、買い物の失敗というのは以前より随分減ったと感じています。

というのも、欲しい、買いたいと思った商品は、すぐに買うことはせず、しばらく寝かせておくことにしています。短くて数日、長くて数ヶ月。それだけ時間を置くと、その商品が本当に自分にとって必要なものなのかどうか、自分の生活を豊かにしてくれるのかどうかを見極めることができると実感しています。

同時に、物を買うということは、イコール「物が増える」「スペースを取る」につながり、ミニマリストにとっては大きな決断の瞬間(笑)。だからこそ、買い物には細心の注意を払っています。おかげで無駄な買い物は減り、自然とお財布にも優しい生活習慣が身についたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA