賞も獲得!成城石井のベジタリアンカレー弁当とニース風サラダを食レポ

大豆ミートのベジタリアンカレー

こんにちは、SAKIです。
東京に住んでいると、成城石井や紀伊国屋、クイーンズ伊勢丹など、高級スーパーと呼ばれるスーパーマーケットが都心部を中心に散在しています。価格はさすがにお高めだけど、品質が高く、日本各地から集められた良品や、輸入品なども豊富に揃えているというイメージがあります。

成城石井購入する、しないは別にして、そういったお店で棚に並んだ珍しい商品を眺めるのも、なかなか楽しいものです。その中でも「成城石井」は、比較的店舗数が多いことと、自宅や仕事場から徒歩圏内にお店があるので、月に2〜3回程度は利用させてもらっています。

先日、その成城石井でベジタリアン向けのお弁当を見つけたので、早速レビューしてみたいと思います。

お弁当・お惣菜大賞2019の受賞商品を2品買ってみた

今回購入したのは、成城石井自家製「大豆ミートのベジタリアンカレー(十六穀米)」(税抜599円)と「海老とセミドライトマトのニース風サラダ」(税抜499円)です。

どちらも「お弁当・お惣菜大賞2019」の受賞商品ということで、店内の棚にもポップが設置されていましたよ。

お弁当・お惣菜大賞とは
スーパーマーケットやコンビニエンスストア、 専門店等で実際に販売している数多くのお弁当・お惣菜・サラダ・パン等の中から、食の専門家で構成された審査員により、特に優れた商品を選出し表彰するプログラムです。
http://www.obentou-osouzai.jp/index.html

ちなみに、「大豆ミートのベジタリアンカレー」は「お弁当・お惣菜大賞2019」の丼部門入選。「ニース風サラダ」はスーパーマーケット・サラダ部門で優秀賞を受賞したそうです。日本全国の多数のエントリーからの受賞ということですから、期待が高まります。

自家製「大豆ミートのベジタリアンカレー(十六穀米)」

成城石井自家製「大豆ミートのベジタリアンカレー(十六穀米)」
価格:599円(税抜)/エネルギー:576kcal

ひき肉の代わりに大豆ミートを使用し、3種類の豆やトマトをルーに入れた、野菜の甘みが味わえるカレーです。カシューナッツの食感と甘みがアクセントになっています。

原材料名
雑穀ごはん(国産米)、南瓜、玉葱、おくら、有機トマト、人参、レッドキドニー、茄子、ひよこ豆、大豆加工品、ヤングコーン水煮、パプリカ、ブラックビーンズ、植物油、黒糖、澱粉、カシューナッツ、食塩、カレー粉、醤油、にんにく、生姜、香辛料、酵母エキス、パセリ、pH調整剤、塩化Ca、クエン酸(原材料の一部に胡麻、小麦を含む)
感想
上の原材料名を見ても分かる通り、動物性食材不使用なので、ヴィーガンの方にも対応したカレーです。
ひき肉の代わりに大豆ミートが使われていますが、ひき肉のつぶつぶした食感は再現されていました。味はピリッとした辛さは感じられるものの全体的にマイルドな味わいでしたよ。
雑穀米はプチプチした食感。ひよこ豆がごろっと入っていて、美味しかった。

自家製「海老とセミドライトマトのニース風サラダ」

成城石井自家製「海老とセミドライトマトのニース風サラダ」
価格:499円(税抜)

アンチョビ、チーズの旨味と白ワインビネガーの酸味のある自家製ドレッシングで和えています。トマトの酸味がアクセント。

原材料名
じゃが芋、ブロッコリー、玉葱、ゆで卵、白ワインビネガー、セミドライトマト、海老、ツナ、植物油、オリーブ、赤キャベツ、食塩、砂糖、ナチュラルチーズ、にんにく、マスタード、アンチョビ(かたくちいわし、オリーブ油、食塩)、オニオンパウダー、胡椒、パセリ、pH調整剤、リン酸塩(Na)、グリシン、乳化剤、グルコン酸第一鉄(原材料の一部に大豆を含む)
感想
写真では写っていませんが、容器の下には茹でたジャガイモやブロッコリーなどゴロゴロ入っていて、見た目より食べごたえがあるサラダでした。
オリーブやセミドライトマトをはじめ色々な具材が入っているので、様々な食感や味が複雑に絡み合って、美味しかったです。かつ栄養バランスも良さそう。
フレンチドレッシングは酸味が効いていて、爽やかな味わいでした。

最後に

成城石井といえば、自家製プレミアムチーズケーキなどが有名ですが、自社工場で作っている自家製のお弁当やお惣菜、サラダなどが豊富に揃っているのも見逃せないポイントです。

どれも見た目がとても美味しそうで、高そうに見えるのですが、デパ地下のお弁当などと比べると、比較的リーズナブルな値段で提供されていると思います。かつ、ベジタリアン仕様のお弁当や麺類、惣菜なども他店よりは見つけやすい気がしますよ。

今回ご紹介した商品は、2019年1月現在、実際に店頭に並んでいるものなので、興味ある方はぜひ成城石井に足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

菜食弁当

たぶん日本で唯一のヴィーガン駅弁。動物性食材不使用の「菜食弁当」を発見!

2018年11月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です