50種以上の酵素が入った次世代青汁「グリーンクレンズジュース」おためしレビュー

消化の負担を減らして体の毒素排出を助ける次世代青汁をお試し

こんにちは、SAKIです。

最近、すっかり気温が低くなったせいか、生野菜のサラダを食べるより、野菜を加熱して作った温かい料理を食べることが多くなりました。

そこで気になってきたのが食物酵素の摂取量の減少

食物酵素は熱に弱いので、どれだけ野菜を食べていても、加熱した時点でアウト。これからの寒くなる季節は、別の方法で補充する必要があるなと感じていた時、「グリーンクレンズジュース」という、酵素を多く含む、桑葉をベースとした青汁を入手したので、早速ためしてみることにしました。

飲み始めてから2週間ほど経ったので、商品のご紹介と途中経過をレビューしてみたいと思います。

グリーンクレンズジュースの特徴

グリーンクレンズジュース

「Green Cleanse Juice(以下、グリーンクレンズジュース)」は、飲みやすさにこだわった次世代青汁。

私たちがどんなに注意を払っても接種してしまう脂肪、添加物、その他無数の毒素から、わたしたちの身体を休める手助けをしてくれます。

では、一体どんな栄養成分が含まれていて、どんな特徴があるのか具体的にご紹介したいと思います。

国産桑葉と50種類以上の酵素

グリーンクレンズジュース

グリーンクレンズジュースは低カロリーなのに、こだわりの栄養成分がたっぷりつまっています。

国産厳選桑葉
厳選された安心・安全な国産桑葉を使用。

腸が嬉しい乳酸菌
話題の腸活。免疫バランスを整えて体の内側をキレイに。

19種類の穀物粉末
健康な食事には欠かせない穀物。食物繊維が豊富。

50種類以上の酵素
今や健康や美容に欠かせない酵素が1回分に50種類以上。

バナナ&マンゴーパウダー
フルーティーな香りで飲みやすさアップ。今までの青汁と違う!

オリゴ糖
低カロリーで大腸まで届くオリゴ糖配合。

原材料名
桑葉末(国産桑葉)、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、難消化性デキストリン、イソマルトオリゴ糖、マンゴーパウダー、でんぷん、粉末酒粕、有胞子性乳酸菌、19穀麹粉末(米、押麦、もち玄米、はだか麦、黒米、その他)、ケール末、ブロッコリー末、ヨモギ末、アスパラガス末、オクラ末、小松菜末、カボチャ末、大根葉末、パセリ末、ホウレン草末、野草発酵植物エキス粉末(デキストリン、ヨモギ、ドクダミ、ハスの葉、ウコン、高麗人参、クコの実、ハト麦、オトギリソウ、クマザサ、タンポポの根、レンセンソウ、モモの葉、エビスグサの種子、イチョウ葉、レイシ、ニンドウ、イチジクの葉、紅花、エゾウコギ、アマチャスヅル、ハブ草、ラカンカ、トチュウ葉、エンメイ草、ビワ葉、モロヘイヤ、セッコツボク、アカメガシワ、オオバコ、クコ葉、カンゾウ、マツ葉、ナンテンの葉、スギナ、アマドコロ、ツユクサ、メグスリの木、ツルナ、やまいも、カキの葉、カミツレ、カリン、シソの葉、ミカンの皮、ショウガ、センシンレン、クワ葉、キンカン、タマネギ外皮、田七人参、キキョウ根、ナツメ、サラシア、トウガラシ、イチイの実、紅参、ルイボス、アムラの実、ハッショウマメ、ムイラプアマ、イボナシツヅラフジ、ツボクサ、トゥルシー、キャッツクロー、昆布、フノリ、ミカン、パイナップル、リンゴ、ブドウ、ウメ、イチジク、グレープフルーツ、メロン、レモン、アンズ、人参、タマネギ、パセリ、ゴボウ、ニンニク、ラッキョウ、キャベツ、モヤシ、シイタケ、糖蜜、てんさい糖、オリゴ糖、黒砂糖、はちみつ)/トレハロース、香料、乳化剤
※食品アレルギーをお持ちの方は、原材料表示をよくご確認ください。

ダイエットに嬉しい11kcal

1包(3g)あたりのエネルギーはたった約11kcal。

これだけの栄養分が入っていて、こんなに低カロリーなら、1食分をグリーンクレンズジュースに置き換えることで、健康的に減量できそう。

SAKI
ただカロリーを減らすのではなく、酵素を多く摂取できるのがイイ!

スティックタイプで携帯しやすい

グリーンクレンズジュース

1箱に30包入り

商品は粉末で、30杯分が1回分ずつスティック状に個装されています。だから使う分だけ携帯しやすく、湿気る心配がないのも嬉しい。

また、商品の入っている箱を保存用のボックスとして組み立てて使うことができます。箱の内側に作り方が書いてあり、折ったりしやすいように点線状の切り込みなどの工夫もされていました。

組み立てるとこんな感じ。結構オシャレですよね。

グリーンクレンズジュース

こんな人にオススメ

「グリーンクレンズジュース」は、下記のようなタイプの方に特におすすめしたいドリンクです。

・野菜の摂取量が少ないと感じている方
・毎日の栄養バランスを手軽に整えたい方
・毎日つい食べ過ぎてしまう方
・青汁は美味しくないと思っている方
・ハリのある毎日を過ごしたい方
・健康的にダイエットしたい方
・健康や美容意識の高い方、など

実際に飲んでみた〜飲みやすさや味は?

グリーンクレンズジュース

飲み方と味の感想

「グリーンクレンズジュース」1包を約100mlの豆乳、牛乳、または水などに溶かして飲みます。ヨーグルトに混ぜて食べるのもオススメ。

1日につき1〜2包が目安です。

●水に溶かして飲む

グリーンクレンズジュース100mlの水に粉末を加えてスプーンで混ぜ合わせると、フルーティーな甘い香りが漂ってきます。

色はグリーンに変わり、粘度はそれほど高くありません。サラサラに近い感じです。

実際に飲んでみると、ケール青汁のような独特の苦みやクセはなく、あっさりとした薄味です。桑葉が主成分だからでしょうか?これなら、多くの人が抵抗なくスルスル飲めると思います。

SAKI
食事の際に、お水やお茶がわりに飲むのが気に入っています。野菜が少ない時には重宝します。

●豆乳や牛乳に溶かして飲む

グリーンクレンズジュース私は牛乳を飲まないので、豆乳に溶かして飲んでみました。スプーンでまぜているとフルーティーな甘い香りが漂ってきます。

豆乳に含まれている大豆由来のタンパク質やイソフラボン、サポニン、レシチンなどはいずれもダイエット効果があり、栄養価もアップして最強ドリンクになりますね。

SAKI
グリーンクレンズジュースはクセのないあっさりした風味に、豆乳のコクと甘みがプラスされて、この飲み方が一番美味しく飲めると思いました。

●ヨーグルトにまぜて食べる

グリーンクレンズジュース腸に優しい食品の代表格ともいえるヨーグルトは乳酸菌が豊富。乳酸菌は便秘や下痢を改善し、腸内環境を良好に保って腸の健康を守ります。こちらも顆粒状の「グリーンクレンズジュース」は混ぜやすくて、相性良さそうです。

そこでヨーグルト(無糖)に混ぜて食べてみました。味についてですが、ヨーグルトの酸味はそれほど薄まらず、甘みもあまり感じられませんでした。

いつも無糖のヨーグルトをそのまま食べる習慣の人には問題なしですが、もし甘みが欲しければ、蜂蜜などを少量混ぜるとか、カットした果物をトッピングすると美味しくいただけると思います。

SAKI
ちなみに私は輪切りにしたバナナをトッピングして食べていますが、美味しくいただけます。

置き換えしたら腹持ちはする?

「グリーンクレンズジュース」は置き換えダイエットにもオススメ。

でも、個人的には、1食分が1包だと少ないかなあと思いました。

1包(約3g)に対して水や豆乳100mlで飲むのが推奨されていますが、量が少なく腹持ちはあまりしませんでした。なので、食事として置き換えするなら、2包にして水分量も2倍にするといいかも。

健康食品なので副作用などはありませんが、人によっては、一度に大量に飲むと一時的におなかがゆるくなることがあります。その際は、量を調整してお召し上がりください。
SAKI
また、スプーンで混ぜ合わせるだけでは少し溶け残りがありました。シェイカーを持っている人はそれを使った方が粉の無駄がなくていいと思います。

【購入特典】初回分が0円になる継続コースあり

「グリーンクレンズジュース」は、公式ショップにて購入できます。

継続コース申込で、定価3,980円の商品が初回分0円になるキャンペーン中。2回目以降も引き続き送料無料で、代金もずっと33%オフで買えちゃいます。

お得です!

グリーンクレンズジュース購入特典

【画像】グリーンクレンズジュース公式サイトより転載

初回のご注文と同時に、2回目以降のご解約・休止はできませんのでご注意ください。継続コースは4回の継続を約束する代わりに、初月が0円、2ヶ月目以降の価格が定価よりもお得に続けられるコースとなっているからです。
解約や休止をしたい場合は、4回目(4ヶ月目)の商品を受け取った後、次回の発送日の14日前までに問合せフォームより連絡してください。

さいごに〜2週間後の変化

グリーンクレンズジュースを飲み始めて約2週間近く経ちました。

今のところ、特に劇的な効果があったというわけではありませんが、朝の目覚めがスッキリした気がします。やはり、グリーンクレンズジュースに多く含まれる酵素のおかげかなと思います。

酵素が睡眠中の消化・吸収活動を促進・サポートしてくれて、体の負担を減らしてくれているのだと思います。だから翌朝に疲れが残っていない!

体内酵素だけでなく、食物酵素は健康や美容を維持するには不可欠な成分です。積極的に食生活に取り入れていきたいですよね。

SAKI
今回レビューした「グリーンクレンズジュース」は、顆粒状になっているので飲み物やヨーグルトに混ぜやすく、携帯性も高いし、手軽さという点では申し分なし。
お値段も比較的リーズナブルなので続けやすいのが魅力だと思いました。

「グリーンクレンズジュース」が気になった方は、ぜひ公式サイトでチェックしてみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です