デザインと暖かさがお気に入り!BRUNOカーボンファンヒーター使用レビュー

BRUNOカーボンファンヒーター

こんにちは、SAKIです。

早や12月も中旬に突入し、今年もあとわずかになってきました。それに伴い、冬の寒さも格段と増していますね。私は寒さが大の苦手なので、冬の季節はその寒さに自分が負けず、いかに快適に過ごすかを課題にしています。

そのための重要なアイテムのひとつが暖房器具です。

部屋にはエアコンが付いているので、その暖房を使うこともできるのですが、私は冬はほとんどエアコンはつけません。理由はいくつかありますが、一番の理由は「肌が乾燥するから」。エアコンから吹き出される温風は肌にチクチクする気がして好きではありません。それに、やっぱり電気代も気になります。

そのため、床に置いて使うコンパクトな暖房器具が毎冬のお供です。昨年まではプラスマイナスゼロのスチーム機能付き遠赤外線電気ストーブを使っていたのですが、真冬にはちょっと部屋の温まりが十分ではなくて、今年は別のものに買い換えることにしました。

そして購入したのが、BRUNO カーボンファンヒーター Nostal Stove L plus です。

購入の決め手はデザインと安全性

BRUNOカーボンファンヒーター

買い換えるにあたって条件としたのが、デザイン性とタイマーが付いているかどうかでした。

デザインについては、やはり冬の間の数ヶ月間、ずっと部屋の一部として存在し続けるわけですから、気に入ったものを選びたいと思いました。

その点で、BRUNOカーボンファンヒーターはレトロ感があってコンパクトで可愛くて、自分の好みにマッチしていたし、部屋のインテリアとして取り入れたいと思いました。カラーバリエーションが、アッシュピンク、アッシュブルー、グレージュ、カーキ、ブラックと豊富なのも魅力。私はカーキ色が好きなので、色はそれを選択。レトロ感がさらに増している感じがします。

さらに、形が縦に長いのもポイントでした。縦に長い分、足元より上もすぐに暖めてくれるので、背の低いものと比べると体感温度が違う気がします。また、床の占有面積が小さくなるのもお気に入り。

また、タイマーが条件なのは、昨冬まで使っていた暖房器具にタイマー機能が付いていなかったので、何度か消し忘れが発生していたから。今後、スイッチを入れたまま、ついウトウトして朝までということがあると心配なので、安全性や電気代節約のためにもタイマーは必須条件にしました。

BRUNOカーボンファンヒーターはその点もクリアしていたので、もう迷うこともなく購入しました。

【使用感レビュー】私が感じたメリットとデメリット

BRUNOカーボンファンヒーターを購入して1〜2ヶ月使用してみた感想を、メリットとデメリットに分けてレビューしたいと思います。

BRUNOカーボンファンヒーターのメリット

・レトロ感のあるデザインとカラーが可愛い

BRUNOというブランド自体が、デザインを重視して商品開発されているので、この点はポイントが高いです。部屋のインテリアを「邪魔しない」というより、「高めてくれる」のが嬉しいです。カラーバリエーションがあるというのも特長です。

・軽量・コンパクトで持ち運びがラク!

見た目より軽いです。というのも、レトロな風体からか、筐体は金属製かなと思っていたのですが、実際はプラスチック性でした。持ち手もついているので、片手で軽々移動できます。本体の重さは約2.4キロ。
サイズもコンパクトで、シーズンが終わって保管するときにもそれほどスペースをとりません。

・タイマー含め、安全性に配慮された設計

BRUNOカーボンファンヒーターまずタイマー機能があるので、消し忘れの心配がないので安心です。30分から3時間まで無段階で設定が可能になっています。
他にも温度があがると自動で停止するサーモスタット機能がついていたり、人の動きを感知して自動でスイッチをON/OFFする「人感センサー」もついています(私は人感センサーは使う予定がないので、センサー自体の機能をOFFにしています)。

・電源を入れるとすぐに暖まる

BRUNOカーボンファンヒータースイッチを回せば約10秒で起ち上がると商品説明にあった通り、すぐに温風が吹き出します。やはりファンヒーターだけあって早いですね。
それに、暖かさにも満足です。500W〜1000Wまで無段階で強さの調節が可能で、1000Wにすると6畳くらいの部屋なら十分な暖かさになります。

ちょっと残念なデメリット

・ファンの音が少々うるさい

購入後、初めてスイッチを入れてみて驚いたのが送風音です。ファンヒーターってこんなに音がするものなんだと、あらためて感じました。…が、1日で慣れました。特に不快な音ではないし、ファンが回っているのだから音が出て当然と思えば、別に気になるほどではないかな。

・価格が比較的高め

買い替えの際には、一応、他社の商品と比較検討してみたのですが、同程度のスペックでは、BRUNOカーボンファンヒーターはかなり割高な気がしました。それにどこのオンラインショップを見ても、値引き販売はされていなくて同一価格の設定のようでした。
他社製品なら価格の安い商品を探せばいくらでも見つかるのですが、やはりデザインがあまり好きではなかったんです。モノを買うなら気に入ったものしか家の中に入れたくないので、結局、自分の好みに合わせてBRUNOカーボンファンヒーターに決めました。

最後に

いろいろとメリットやデメリットなどをレビューしてみましたが、このヒーターにはほぼ満足しています。使っていて気持ちがいいのが何よりの証拠という感じです。

今冬も含め、今後2〜3シーズンはお世話になるだろう大事な相棒になると思うので、大切に使っていきたいと思っています。

ちなみに私が購入したカーキ色ですが、2018年12月11日現在では販売数が少ないようです。公式のオンラインショップ【IDEA SEVENTH ONLINE SHOP】ではずっと「SOLD OUT」となっていますが、今後販売予定があるのかどうかもわかりません。他のカラーであればすぐに入手できるようです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です