ストレスフリーなワイヤレス・イヤホン「Apple AirPods」が手放せない!

AirPods

こんにちは、SAKIです。
昨年末に『【ミニマリスト的】2018年、買ってよかったもの3選』という記事をアップしましたが、その時に惜しくも紹介できなかったイチ押しのグッズがあるので、あらためてご紹介したいと思います。

なぜ前回紹介できなかったのかというと、それが2018年ではなく、2017年に購入したものだったからです。なので、1年半あまり使ってみて、本当に買って良かったと思う商品なので、ここで記事にさせてもらいました。

その商品というのが、AppleのAirPodsです。

Apple AirPodsとは?

AirPods

AirPods(エアーポッズ、またはエアポッド)は、米・アップル社が開発、製造、販売するワイヤレス方式のマイク付きイヤホン。無線通信規格Bluetoothを用いて通信ができます。

ワイヤレスだからもちろんコードはなし。専用のケースに入れて充電を行います。

iPhoneやiPad、MacBook、Apple Watchなど、対象のアップル製デバイスのBluetoothがオンであれば、AirPodsのケースの蓋を開けるだけで画面に接続表示がされ、その表示をワンタップするだけでペアリングが完了。

AirPods本体は左右で分かれていて、双方にマイクやセンサー、バッテリーが内蔵されています。マイク内蔵なので、装着しながら電話を受けて会話することも可能。

片方だけ使用したり、二人で片方ずつ装着してスマートに音楽を聴くことができるのも特徴です。

イヤホンコードからの解放でスッキリ!

AirPodsを購入する前は、iPhoneを購入すると付属でついてくるイヤホン(EarPods)を使っていました。

音楽やポッドキャストを聴いたり、オーディオブックで読書や英語の音声テキストを聴いて勉強したりする時など、イヤホンの出番は意外と多くあります。

隙間時間の有効利用だったり、リスニングに集中したい時など、イヤホンやヘッドホンはとても便利。

でも、使う時にストレスを感じることがよくありました。それがコード問題です。

以前、私は家事をしながら、iPhoneをポケットに入れて、そこに接続したイヤホンを耳につけて音楽やポッドキャストを聴いていたりしたのですが、その途中に手がイヤホンのコードにひっかかってジャックから抜けたり、iPhone本体がポケットから飛び出して床に落ちたりなど、ヒヤリ体験が何度かありました。

このコードの煩わしさを解決したいと考えて購入したのが「AirPods」です。

税抜きで16,800円という、イヤホンにしては異常に高価な買い物でしばらく迷いましたが、他の購入者の口コミやレビューを調べると、ほとんどが「買って良かった」「大満足」など、ポジティブな評価が多かったので、意を決して注文しました。

結果、大満足です!コードがないというのは、束縛から解放されたみたいで、本当にストレスがないんです。

今までは、コードに気遣って動いていましたが、もう気兼ねせずに思いっきり動けます。iPhoneを身につけておく必要がないので、隣の部屋に置いたまま、キッチンで料理しながら音楽やオーディオブックが聴けます。

AirPodsの使用レビュー〜メリット&デメリット

AirPods

AirPodsを1年半あまり使用していますが、故障なく、今も元気に頑張ってくれています。そこで、今まで使ってみて感じたメリット&デメリットについてレビューしてみたいと思います。

メリット1〜フィットする装着感

発売された2016年12月当初は、その色と形状から「耳からうどんが出てる」などと驚く人もいたとか噂がありましたが、現在ではもう市民権を得たような感じで、AirPodsは広く認知されてきましたね。

AirPodsを付けていると時々、知人から「落ちないの?」と聞かれることはありますが、今まで落ちたことはないです。

耳にフィットして、しっかりホールドされる感じなので、そのまま長時間歩いたり、家事で動き回っても、よほど激しい動きをしない限り、まず落ちません。

また、長時間はめていても疲れないというのも優れた特徴だと思います。

メリット2〜合格点以上の音質

私は音質にうるさい方ではないので、個人的な感想ですが、音はまったく問題ありません。雑音もないし、音もこもってもいないし、クリアに聞こえます。

音質に詳しい方のレビューを読んでも、ネガティブな意見はほとんどありませんでした。10万円もするような高価で高性能なヘッドホンと比べれば、もちろん劣っているかもしれませんが、この価格のワイヤレスのイヤホンと考えれば十分過ぎる音質が確保されているとのこと。

メリット3〜家中どこでもつながる

ワイヤレスなので当然ですが、ペアリングしたデバイスから離れてもちゃんと音が聞こえます。明確な距離・範囲は定かではありませんが、おそらく普通の一軒家であれば、同じフロアにいればどこに移動しても大丈夫だと思います(もちろん、その間に金属やコンクリートなどの厚い壁などがあれば、通信の障害になる場合もあるようです)。

おかげで、私の場合は家事で家中を移動しながら様々な音声データを聴けています。

もちろん、外出の際も、バッグやポケットにiPhoneを入れたまま、ワイヤレスで聴いています。

メリット4〜短い時間で充電できる

気になる連続使用時間ですが、Apple公式では、イヤホン本体のバッテリーだけで5時間、ケースも使用すると24時間以上使用できるとされています。

ただ、私が今まで使ってみた感じでは、イヤホン本体のフル充電で一度に連続して聴けるのは3時間ほどでした。映画を一本観るには十分です。

イヤホンのバッテリーがなくなりそうになったら、サインとして通知音のようなものが鳴ります。5分ほどすると音が聞こえなくなりますので、そうしたらケースに戻して充電します。これも公式では、約15分の充電で3時間の再生が可能になるとのこと。

比較的短い時間で急速充電ができるのはありがたいです。

メリット5〜複数のデバイスで使える

私はMacユーザーで、PCはMacBook Air、スマホはiPhone、タブレットはiPadを使っているのですが、基本的にApple製品であれば、どのデバイスでもペアリングできます。

おかげで、持っている3つのデバイスを切り替えながらフル活用しています。MacBookAirやiPadでは、主に動画や映画を観るのに利用しています。

AirPodsを使えば、デバイス本体の音量を大きくしなくても、少し離れたところから見ることができるのも重宝しています。(最近視力が落ちてきたので、近くで観ないように気をつけています。)

デメリットは?

メリットをいくつか挙げましたが、デメリットもないわけではありません。便利さの裏にはなにかしら不便さも存在するのが世の常…。

・まず、価格が高い!
ワイヤレスで、かつApple純正といえども、イヤホンが税抜き16,800円はやっぱり高いよね〜。せめて1万円以下なら適正かと思うのですが、みなさんはどう思いますか?

・充電しなきゃならない!
コード付きであれば必要のない、充電という作業が必要です。正直なところ、これが面倒と感じる時もあります。(でも、連続で3時間程度使えるなら許容範囲と言えるかな…。)

・ボンって、音が大きい…
これは感じ方に個人差があるかと思います。AirPodsがデバイスと接続完了したサイン音のようなものがあるのですが、これが結構耳に響いて不快だったりします。音量が調整できないので、いつも大きい音で鳴ります。最近では、この音が鳴った後に耳に装着するようになりました。

・タップが時々効かない…
イヤホン本体にセンサーが内蔵されているので、ポンポンと2度本体をタップすることで、デバイスを操作せずに、聴いている音楽を一時停止させたり、再生させたりすることができます。
これも個人差があるかと思いますが、この操作が効かない時がよくあるので、ちょっとイライラするかな…。

大体、以上です。
個人的には、メリット9割、デメリット1割という感覚で、トータルな使用感としては大満足のワイヤレス・イヤホンです。

ケースをつけるとさらに可愛く便利に!

買ったばかりの頃は、購入時のまま、ケースを裸で使っていたのですが、そのままデスクの上などに転がしておくのがちょっと気になって、カバーを付けることにしました。

シリコン製の赤い可愛いケースカバーなのですが、キーホルダーもついているので、カバンなどにぶら下げることもできます。

そして、地味に嬉しいポイントとして、カバーをつけることでケースが自立するようになりました!

また、iPhoneケースと同様に、持ち主の個性が出せるのも魅力です。

AirPods

最後に〜「ながら作業」で、時間を有効に使えるように。

大げさかもしれませんが、AirPodsは私のライフスタイルに大きく影響を与えました。

音楽を聴きながら料理、英語のリスニングの勉強をしながら通勤、オーディオブックを聴きながら散歩など、コードを気にしなくていいので、「ながら作業」がとてもやりやすくなり、時間を有効活用できています。

ワイヤレスというだけでなく、装着感がいいので、長時間耳にはめていても私は痛くなったことがありません。ケースもコンパクトで場所をとらないし、絡まらないし、色々な観点からストレスフリーになりました。

シンプルライフを目指すミニマリストだけでなく、もっと身軽に音楽をそばに感じたい方、手はふさがっているけど耳は空いているよ、という方などにも超オススメのアイテムです!

【ミニマリスト的】2018年、買ってよかったもの3選

2018.12.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です