断捨離した衣類がどこか遠い国で役に立つ!ユニクロのリサイクルBOX利用のススメ

ユニクロ リサイクル

こんにちは、SAKIです。
突然ですが、みなさんはユニクロのお店を利用されますか?

私はよく利用させてもらっています。
冬のこの時期なら、ヒートテックのようなインナーから、トップスはフランネルのシャツ、ボトムスはジーンズ、アウターはダウンコートと、その気になれば上から下までユニクロでコーディネートできそうなくらい(笑)。

もともとカジュアルなファッションが好きなのと、洋服にはそれほどお金をかける習慣がないので、そういった点から、ユニクロは私にとっては本当にありがたい存在です。シンプルなデザインや、オーソドックスなカラーが揃っているので、他の洋服とコーディネートがしやすいし、価格がリーズナブルなのも助かります。

でも、なかには買ったはいいけど、ほとんど着なかった服や、飽きてしまった服などが出てくるのも、ユニクロに限らず、よくあることですよね。

そんなふうに着なくなった服はどうされていますか?

私は生地の状態を確認して、もう古びてしまっているものは迷わず断捨離対象にして、処分します。まだ余裕で着れるもの、新品に近い状態のものは、メルカリに出品したりすることもありますが、衣類って、よほどの人気ブランドでもない限り、ほとんど二束三文の収益にしかならないので、寂しいですよね〜。

そんな感じなので、ある程度枚数がまとまったら、売るよりは寄付してリサイクルしてもらうことにしています。

リサイクルBOXに入れるだけのエコ断捨離!

着なくなった服を、社会のチカラに。

ユニクロでは、着なくなったユニクロ、ジーユーの製品を各店舗で回収して、世界各地の衣料を必要としている人々に届けるという、「全商品リサイクル活動」をしています。

なので、もし不要になったユニクロ、ジーユーの衣類があれば、最寄りの店舗に持って行って、このリサイクル活動に協力するのは、すごくポジティブな断捨離方法だと思います。

リサイクルBOX各店舗には、こんな回収ボックスが常時設置してあるはずです。

協力の方法はいたって簡単!
持って行った衣類をこのボックスに入れればいいだけです。

もしボックスが見つからなかったら、店員さんに聞いてみるのも良いと思います。
※郵送では受け付けていないとのことです。

また、衣類を持ち込む前に以下の点に気をつけましょう。

・回収対象はあくまでユニクロ、ジーユーで販売された商品であること。
・濡れたままのものや、汚れの著しいものは持っていかない。
・事前に洗濯しておくこと。
・衣類の中に貴重品などが入っていないかチェックしておくこと。

回収された衣類は、難民・避難民キャンプへの寄贈など救援衣料としてのリユースを中心に、電気エネルギーや工業繊維としてもリサイクルされているとのことです。

「全商品リサイクル活動」の詳細はコチラ

最後に〜積極的に利用したい企業のリサイクル活動

ミニマルな生活を目指す私としては、洋服が増え続けないように、一枚買ったら一枚サヨナラして、数を制限しています。

着なくなった衣類サヨナラ対象となった洋服の中にユニクロ商品があれば、買い物に行ったついでに寄って、サクッと回収ボックスに入れられるのは大変便利。実際につい先日、もう2年ほど着ていなかったTシャツ、カーディガン、フリースをBOXに預けてきました。

考えてみると、年間何千万枚という大量の衣料を回収して、世界各地でリサイクルやリユースを行うのは、莫大な経費とエネルギーがかかることだと思います。それを個人の消費者に代わってユニクロが代行してくれるのですから、利用しないともったいない。積極的に協力して社会の環境保全に関わるのも悪くないですよね。

もし自分が袖を通した洋服が、遠いどこかの国で、誰かが着てくれるのかな、何かの役に立っているのかなと想像するだけで、ちょっとロマンも感じますし。

SAKI
この洋服、どこか遠い国に旅して行くのだなぁ…(感慨深い)

皆さんも、もしユニクロかジーユーの衣類で着なくなったものがあれば、店舗に持って行ってリサイクルに協力してみるのはいかがでしょうか。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

「捨てられない!」からの脱却〜罪悪感のない衣類・靴・ブラなどのリサイクル活用術!

2019.02.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です