「捨てられない!」からの脱却〜罪悪感のない衣類・靴・ブラなどのリサイクル活用術!

捨てられない!からの脱却

こんにちは、SAKIです。
先日、ユニクロ衣料のリサイクル活動について記事を書きましたが、あのような取り組みはユニクロに限らず、他にもいくつかの大手企業が実施していますので、私の知る範囲でご紹介したいと思います。

衣類や靴など、もう何年も着なくなったり履かなくなったりしたにも関わらず、なかなか断捨離に踏み切れないという人は、こういった取り組みを積極的に利用することで、「捨てる」ことへの罪悪感が消え、「もったいない精神」を満足させられるのではないでしょうか。

単に寄付してリサイクル、リユースしてもらうものだけでなく、その店舗で使える商品券がもらえたり、買取をしてくれるサービスもありますので、ぜひご一読ください。

「マルイの下取り」一点につき200円分の割引券がもらえる

マルイの下取り

マルイ(丸井)は、首都圏を中心にファッションビルなどの商業施設を全国展開している企業。ファッション系のテナントビルとしては老舗ともいえるので、皆さんもご存知の方が多いと思います。

そんなマルイが社会事業の一環として時々実施しているのが「マルイの下取り」不要になった衣類や靴を持っていくと、一点につきマルイ内のショップで使える200円分の割引券がもらえます。

200円割引券

※コピーして使用することはできません。

私も2度ほど利用したことがあります。開催時にはビル内に特設スペースみたいなものが設けられていて、そこに持っていくとスタッフの方が内容や状態を確認し、引き取り枚数によって割引券を渡してくれるという至って簡単なもの。個人情報を書いたりする必要もありませんでした。

嬉しいのは、引き取ってくれるのがマルイで購入したものでなくてもOKということです。

ただし、引き取ってくれるものについては新品に近い状態のもの、クリーニング済みのものなどの基準があり、店舗によって実施期間も不定期になりますので注意が必要です。

詳細や実施スケジュールはすべてHP上で公開されていますので、確認してみてください。

ワコールの「ブラ・リサイクル」〜オリジナル切手がもらえる

ワコールも説明不要の有名企業だと思いますが、女性用下着販売をメインとする衣料品メーカーです。

ワコールでは、古くなったり、合わなくなったブラを回収して、エネルギー燃料にリサイクルする活動をしています。

下着をリサイクルに出すというのはなかなか抵抗もありますが、実は私は利用したことがあります。まずはワコールの店舗(私の時はウンナナクールを利用)で、専用のリサイクルバッグをもらいます。不透明で中が見えないようになっています。

そこに、もう着けなくなったブラを数枚入れて封をして、また店舗に持っていくと店員さんがバッグごと引き取ってくれます。こちらも至って簡単。しかも実際に使うことのできる可愛い切手までいただきました(額面は忘れましたが、62円か82円切手だったと思います)。

ブラって、ワイヤーやホックなどの金具が付いているので、捨てる時に布部分と分別しなくてはならず、結構面倒だったんですよね。袋に入れて渡すだけで役に立ててもらえるなら、利用しない理由はありません。しかも、ワコール以外のブラも回収してくれます

リサイクル用バッグをもらうためと、引き取ってもらうために、店舗まで2回足を運ぶという手間は少々かかりますが、新しい下着に買い換えるタイミングで利用してみてもいいかもしれません。

但し、常時開催ではないので、コチラも開催期間や実施店舗をHP上で要確認です

ユニクロ「全商品リサイクル活動」〜店舗設置のBOXに入れるだけ

ユニクロでは、ユニクロで購入した商品を対象に、もう着なくなった衣料を店舗内に設置されたリサイクルBOXで回収しています。こちらも店舗に持って行って、単に入れるだけで終わり、という至極簡単なもの。店員さんに声をかける必要さえありません。

回収された衣料は、洋服を必要としている避難民の人々に届けられたり、燃料としてリサイクルされたりします。

単に廃棄するのではなく、こんなふうにリサイクルに回してくれると思うと、洋服の断捨離のハードルはどんどん下がりますね!

ユニクロのリサイクルについては別に記事を書いていますので、ぜひアクセスしてみてくださいね。

断捨離した衣類がどこか遠い国で役に立つ!ユニクロのリサイクルBOX利用のススメ

2019.01.29

買取サービスなら処分ができて、お小遣い稼ぎも可能!

着なくなった洋服を断捨離する時、「高かったのに…」「ブランドなんだけど…」という理由で躊躇するケースがあると思います。

他にも、上で紹介したような引き取りサービスでは引き受けてくれない衣類、例えば着物などはどうしたらいいのと、悩むケースもあると思います。

そんな時は、買取サービスを利用するのもオススメです。個人情報を記載したり、やりとりの手間はかかるけれど、それでお小遣いが稼げるなら妥当と考えるのもアリだと思います。

ブランド衣料の買取サービス

宅配買取 Brandear(ブランディア)

CMでもおなじみ、150万人以上が利用しているという大手の宅配買取サービスです。6000ブランド以上の幅広い買取が可能ということなので、有名高級ブランドに限らず、人気アイテムは買取対象になりそうです。送料やキャンセル時の返送料などもすべて無料で対応してくれるのが嬉しいですね。



【公式サイト】ブランディア宅配買取
SAKI
私も一度利用しましたが、安心して取引できました

ブランドファッション買取専門ブランドゥール

レディースブランドを得意とする「Branduru(ブランドゥール)」。こちらも取扱ブランド数5000以上と幅広いです。カジュアルブランドやオフシーズンものの買取もOK。査定から取引成立、キャンセル時の返送料まで完全無料。



【公式サイト】買取成約率94.4% 納得の高価買取 ブランドゥール

最後に〜四季のある日本では衣類がたまりやすい!

いかがでしたでしょうか。

日本には四季があるので、寒〜暑の気候に対応できる衣類をそれぞれ揃える必要があり、そのため衣料品はとくにたまりやすく、スペースをとる性質を持っていると思います。

と同時に、流行の移り変わりがあったり、体型が変わってサイズが合わなくなったり、飽きやすいという傾向もありますよね。

だからこそ、衣類の管理というのは重要になってくると思っています。定期的にチェックして在庫管理していかないと、文字通り「タンスの肥やし」が増えていくだけ。

でも、「捨てられない!」と感じている人が多いのも事実。本記事では、そんな人に向けて、罪悪感のない断捨離をテーマにサービス紹介してみました。

こうしたサービスを積極的に利用することで、みなさんの居住スペースと心がスッキリできることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です