寒くなるとマジックソープは白く濁ります。でも大丈夫!

マジックソープが白くなってる…

こんにちは、SAKIです。
ここ数日、急に気温が下がり、寒さが増してきましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。ニュースでも、インフルエンザが本格的な流行シーズンに入ったと報道されていますので、予防や対策を怠らず、今冬を楽しく乗り切りましょう!

そんな感じで本格的な冬を迎え、部屋もだいぶ寒くなってきて暖房なしでは過ごせませんが、さすがに家中すみずみまで暖めるというのはなかなか難しいですよね。特にお風呂場や洗面所、トイレなどは寒くなりがちです。

つい先日、洗面所でメイクを落として顔を洗おうと思ったら、いつも使っているマジックソープに異変が起きているのを発見。(私は洗面所にマジックソープを常時置いています)

“SAKI“
なんか、白く濁ってる!
白く濁ったマジックソープ
“SAKI“
いつもは、黄色っぽい透明の液体なのに…。

でも、心配はいりません。
これ、実は寒くなると起こる自然現象のひとつなんです。ある一定温度以下に気温が下がると、含まれている脂分が固まって白く濁ってしまいます。

完全に固まっているわけではないので、普通に使えますし、成分が劣化しているわけでもありません。

ドクター・ブロナーの公式サイトでも以下のように説明されています。

  Our liquid soaps are so concentrated that they are nearly solid. Thus, when the temperature drops to about 50 degrees F, the fatty acids begin to cloud out. Put the soap in a warm room, or warm water, and it will clear up about 70 degrees F. Clear or cloudy, the soap works just the same.

私の拙訳ですが、内容はこんな感じ。

液体のマジックソープはとても濃厚なので、気温が約10度まで下がると脂肪酸が白く濁ってきます。ボトルを温水につけたり、20度以上のあたたかい部屋に移動すれば、液体が元のクリアな状態に戻ります。ソープの状態が透明あるいは不透明でも同様にお使いいただけます。

見かけが変わるとちょっと驚きますが、逆に言えばこれがすべてオーガニックの証とも言えます。

この記事が、少しでも参考になれば幸いです。

洗剤を断捨離!エコ&ナチュラル洗剤だけで必要十分だった件

2018.09.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です