コストコ会員を退会しました…その理由と解約方法も

コストコ退会

こんにちは、SAKIです。
実は私、コストコ会員だったんです。

ブログ内で「自分はミニマリズムな生活を目指している」と言ってるくせに、コストコ会員なのはちょっと矛盾してるかも?って、自分にツッコミを入れながらこの記事を書いています。

でも、モノは多く持ちたくない私でも、コストコという場所はやっぱり魅力的なんですよね。なんか、ショッピングでワクワクできるというか、非日常を味わえるというか…。日本なんだけど、外国で買い物してる気分になれる場所です。

でも先日、そのメンバーシップを解約しちゃいました。今回はその理由と解約方法をシェアしたいと思います。

ミニマリストには、どれもこれも大きい、多い、重い…

ちなみに、コストコって?

多分ご存知の方が大半だと思いますが、念の為ご説明すると、アメリカ発の会員制倉庫型店で、高品質な優良ブランド商品を比較的低価格で販売しています。

天井の高い巨大な倉庫内に、様々なカテゴリーの商品が大きな棚に大量に並べられていて、利用客は大人ひとりくらい簡単に乗れそうな巨大なカートをひきながら商品をピックアップしていきます。

もともとが、再販業者などの仕入れなど、小規模ビジネスを対象に展開しているだけあって、商品ひとつのユニットがボリューミーなのが特徴ですね。食品や調味料などはキロ単位だったり、小さいものなら何個かのセットやパックになって売られています。

業者だけでなく、個人で利用している方も多いですが、ひとつひとつの商品の量が多すぎて、保管スペースがある程度ないと、買って帰った後に困りそうなボリュームです。

それゆえ、コストコでの買い物は楽しいものではありますが、「欲しいけど、こんなに要らな〜い(涙)」という理由で買えないというパターンも、私の場合、多々ありました。

私が購入するのは食料品が大半だったのですが、オリーブオイルにしてもパンにしても、家に大量のストックが増えるというのは、やはりミニマリストにとっては大きなネックになって、買いたくても我慢するという、ちょっと消化不良気味な買い物に毎回なるんですよね。

残念ながら、ミニマリストにとって、コストコでの買い物は相性が良くないのかもしれません。

車なしでは、コストコで買い物するメリットが十分に得られない

そんな思いもありつつ、コストコ会員を解約することに決めた理由で一番大きかったのは、私に「車がない」ことでした。

前述した通り、1商品のボリュームが大きいので、複数の商品を買えば当然、重量もサイズも比例して増大します。しかもキロ単位で。車でなく、人力で電車やバスを乗り継ぎ、店舗から自宅まで片道1時間程度かけて持ち帰るのは結構骨が折れます。

家の保管スペースを気にする以上に、持ち帰る際の労力を考えながら買う量を決めなくてはなりません。私の場合、一度にせいぜい重さ5キロくらいが限度だとすると、3〜4商品くらいしか買えず、時間や交通費をかけて出かけた割には満足のいく収穫が得られないと感じました。

SAKI
くっ…、コスパ悪し…

もし車があれば、もっとコストコでの買い物を存分に楽しめたのに、と思うと残念です。

退会方法は簡単。手続きに必要なのは会員カードのみ

結局、コストコでの買い物は、広い家に引っ越して車を買ってからまた楽しむことにして、今はあきらめることにしました。

ということで、コストコ会員を解約して、年会費を返金してもらいました。

ご存知の方も多いと思いますが、コストコで買い物をするには年会費(個人は4,400円+税)を支払って会員になる必要があります。

コストコでは会員に対して2大保証というのを謳っていますが、一つは気に入らなかった商品を返品して返金を受けられる「全品商品保証」で、もう一つは有効期限内ならいつでも退会できて年会費が返金される「年会費保証」というものです。

退会するには、受付カウンターにメンバーカードを持っていくだけでOK。手続きの際、退会の理由を聞かれますが、特に引き止められるようなこともなく、入会時や更新時に支払った会費を現金で返金してくれます。

ただし、解約して返金を受けた場合は、その後1年間は再入会できないなど、いくつか規定が設けられています。本人だけでなく、家族にも影響が及ぶ可能性もあるので、その点はご注意ください。

最後に〜入会と退会の繰り返しにはペナルティも

コストコ会員の解約は、先に書いた通り保証されているということもあって、一度目は快く手続き&返金してもらえます。ですが、入会と解約(返金)を繰り返していると、コストコ側から再入会を断られる可能性もあると聞きました。

マナー違反と捉えられるのかもしれませんね。入退会の履歴はデータで記録されているので、ブラックリストにのらないよう、その点は要注意です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です